ネイティブアメリカンの時代から親しまれてきたブルーベリーは命の恩人です。

ネイティブアメリカン

私達人類とブルーベリーの関係性は、大変古く摘んでおそのまま口にしたり、乾燥させて保存食にしたり、発酵させてお酒にしたりと、昔から親しまれてきました。

そんなブルーベリーは、アメリカでは命の恩人とも呼ばれています。
1620年、新大陸発見後、ヨーロッパからアメリカ大陸へ渡ってきた人たちは、慣れない土地で食べるものにも事かくような生活を強いられていました。
そんな時、ネイティブアメリカンの人たちから分けてもらった乾燥させたブルーベリーやブルーベリーシロップを摂ることで、生き延びることができたのだとか。
もともと、ネイティブアメリカンの人たちにとって野生種のブルーベリーは、古くから大切なビタミン類の摂取源として重宝されてきました。



特に食料の手に入りにくい冬、乾燥したブルーベリーはまさに彼らの命綱であり、その大切な食材を彼らは移民たちに分け与えたのです。
そのおかげでヨーロッパから渡ってきた人たちも何とか厳しい寒さと上を凌ぐことができ、以来ブルーベリーは、命の恩人と呼ばれているのです。
さらにこのことがキッ変えで、野生種のブルーベリーは食用の果実として広まり、栽培種の改良が進みました。
アメリカ文学の代表作の一つ、マークトウェインのハックルベリー・フィンの冒険。みなさんも子供の頃ドキドキワクワクしながら読んだことがあるかもしれませんね。実は主人公の名前ハックルベリーは野生種ブルーベリーの通称なのだとか


目にいいサプリランキングが知りたい方はこちら!

当サイトのトップページでは、目にいいサプリを集めたランキングを紹介しております。 お手頃な値段で続けられるおすすめの目にいいサプリなので、ぜひ参考にしてみてください。 こちらからトップページにとびます⇒目にいいサプリランキング